January 03, 2011

2010年下半期ニコマス20選+サムネ1選

あけましておめでとうございます。

09年下期20選のエントリを書いていたのが
つい昨日のことのように思われますが、
もう1年経ってしまったんですね。
ただ、自身の変化については
この1年、非常に大きかったように思われます。

各種合作、オフの参加など、1年前からは想像もできないほど
このニコマス界隈にどっぷりつかってるわけですが、
ゲームひとつでここまで暮らしが変わってしまうのも、
不思議なもんだなぁ、と。

そして2010年下期の20選です。
やはり本格的に作る側となると、見られる動画の数は
どうしても限られてきますが、
それでも選択には難儀しましたけどね…

まずはレギュレーションを。

基本レギュレーション
・2010年7月1日〜2010年12月31日の間に投稿されたニコマス新作
・1人のPにつき1本ずつ
・20本以内をブログやマイリストで公開して参加エントリー

それではどうぞ



【音楽系】

アイドルマスター『フタリの記憶 〜Strings Of Life〜』
うしわかP die棟梁P 友P orgoneP (Produced by TPTP)

オリジナルの"Strings Of Life"は言わずと知れた
クラブアンセムですが、
それをアイマス曲と合わせる発想には参りました…。
そして美しすぎる映像。4分半以上の長さでの驚異的画質。
圧巻のピアノソロ。
tomoPの伊織モデルの演奏シーンにうっとり。

SMOKY THRILL [CLUB EDIT] PV
GEN-ZOP

多くのプロデューサーを虜にした"SMOKY THRILL"の
Editedバージョン。
カットアップから入るイントロでアガらずにいられません!
もはやドアンセムのキラーチューンですねぇ。
フルバージョン期待大。

【PV・映像美編】
今回PV作品ばかりとなったこともあり、
PVも二つに分けてみました。理由は後述。

【NONOWIRE10】アイドルマスター Waters of Nazareth
TPTP

企画告知風の動画ですが、すごく凝ってます。
スク水美希がパロでなく、一つの表現になっている感じ、
そして各ジャンルを表象する数秒の動画のカットイン。
企画への高揚感を否が応にでも高めてくれます。
「Eple / my song」と相当迷いましたが、敢えてこちらを。

アイドルマスター/年号ロック/iM@Sオールスター
つかさP

なんかもういろいろとパーフェクトな作品。
映像のポップさ、シンクロ、疾走感どれをとっても隙がない。
同Pの「隅田川夏恋歌」も色使い・雰囲気、本当に好きなんですが、
1P1作とのことで、断腸の思いでこちらを。

アイドルマスター x モーニング娘。『ここにいるぜぇ!』
ぎょP

アイマス×モー娘。の親和性はやっぱり健在ですよねぇ。
ノーマルステージオンリーながら、
ダンス選択・シンクロ・カット割りでどんどんテンションを上げてくのは
流石はぎょPの成せる業。
MOON CHILDの「ESCAPE」との選択に苦悶しつつ、こちらで。

アイドルマスター nobody but me
ソ´┴`ノ …氏(P名不明)

はじまった途端、「おや?」と思わせる冒頭。
アイドルでなくステージの照明にフォーカスした
ミニマルな映像展開が独特の雰囲気を作り上げています。
気付けば、個性的な色調とテンポの緩急に飲み込まれてました。

11/23 Day of the future
カイザートP

Day of the futureはMA2の中で一番好きなんです。
そして最初は「ノーマルPV?」と油断させておいて、
「2」美希の「手抜き」映像。
そして、ロング茶髪化のインパクト。御見それしました。

アイドルマスター ANSWER
しちやんP

VRF2010で登場した作品。
しちやんPの色使いとか世界観は本当に好きなのですが、
新作でも期待を裏切りませんでした。
サイケデリックな色彩と、ヒッピースタイルのデザインは
昔のレコードのジャケットを彷彿とさせます。

アイドルマスター 「Do You Believe In Magic?」
しょじょんP お茶P

ハイセンスに定評のある二人の合作が
オシャレでないわけがない。
開始早々にお洒落とわかる、もはや「出オシャ」w
溢れる色彩と繰り出される映像に陶酔。
何食べたらそんなにお洒落になれるんですか?w

アイドルマスター 雪歩・春香・美希 「THREE DOG NIGHT」
怒首領蜂P

蜂Pの作品って大体3分以上ある長めのPVなんですが
本当に間延びすることなく魅せてくれます。
ダンスの使い方が今までにないやり方で、
非常に新鮮な印象を受けたのがこちらの作品。
―にしても、VRFと公開が重なってしまったのは不運でしたね…
同時に上げたもう2つのPVも、全部素晴らしいです。

【人力VOCALOID】Destiny -太陽のあずさ-【みんな、しわっす!3】
ドリ音P RidgerP 狡猾全裸富竹P

幻のあずさメドレーからの単品。
「神力VOCALOID」使いと言われるドリ音Pと
「王」ことRidgerPのチートコンビが繰り出す世界。
まさに「どうなってるの…」の一言に尽きます。

【PV・感動編】
2010年はアイマス界隈では様々な議論が交わされました。
そんな中、ニコマスPもメッセージ性の強い作品を
送り出すことが多かったのではないでしょうか。
そんな涙なしには見られない珠玉のPVを。

時には昔の話を
西岡P

役者とかミュージシャンとかアーティストの
下積み時代って、貧乏で辛いけど
なんかがむしゃらに生きてる充実感があるんだと思う。
アイドルたちが幸せそうに床に雑魚寝してる姿に
咽返るように泣いてしまいました。

情熱大陸×天海春香
淫の蘭P

ナレーションを完璧に当てはめているのもさることながら、
そのプロットはまさに「ドキュメンタリー」。
16分間固唾を飲んで見てしまいます。

【アイマス】ディアリーバスターズ! エスピー【リトバスOPパロ】
カデラー星人P

OPパロといいつつ、マンガ・PV・イラストを組み合わせた
非常に丁寧な作品。
そしてクライマックスにかけての盛り上がりに、
自然と涙が一筋。

【アイマス】だってアイマスを愛してますから【だいすきだよ】
ベタ塗りP

ニコマス総集編とも言える、各動画を詰め込んだ映像に、
"the world is all one"なんてズルいよね。
なんか"the world〜"は色々あったこともあって
特別な意味合いと切り離しては聴けない曲になってしまいました。

アイドルマスター_Clim@x Jump!
JAYP

はじめは「ふーん、仮面ライダー曲かぁ…」と
何とはなしに眺めていたのですが、
このまっすぐで、前向きな歌詞とのシンクロに
不覚にも涙してしまいました…

MONGOL800×アイドルマスター 「神様」
金のP

VRFで登場した作品ですが、
落ち着いた出だしから徐々にエモーショナルになっていき、
サビの演出で涙腺決壊。
「みんな誰かの子供です、つながりが欲しいだけです。」

アイドルマスター 雪歩 『Title』
 GOING UNDER GROUND【VRF2010】
エコノミーP

エコノミーPの雪歩×GUGは、
「グラフティー」で本当に好きになったんですが、
VRFでお披露目のこの新作。
想い出が高まって、そしてだんだん減っていく演出に
生放送見ながら感極まってしまいました…。
同時アップの「ユキホハセカイ」も素晴らしいです。必見。

【趣味】
少しセンチになったところで、
最後は笑って締めてもらえれば、とw

アイドルマスター2nちょ!
でぼんちょP

最初はiM@SHUPのタグから辿ったわけなんですが、
この粘土と針金モールで出来た手作り感と、
シュールな映像がじわじわくるw
あずささんのネタは、もはや古典芸能w

【Forza3PV】キモ春香さんの『START!!』【合作単品ワイド版】
ンモーP

ニコマス史上に残る奇合作、『キモ春香合作2010』からの単品。
えっ、普通に可愛くない??
もう"START!!"を聴くとき、
あの鳴き声なしでは物足りなくなってきましたw
ってか、ンモーPのForzaペイントって凄い技術なのね…
おまけのやよクリも可愛い。


【サムネ1選】
集計されるかわからないとのことでしたが、
選ばせてくださいw

やよい親父のチキンウイルス
メカP

「このプロデューサー、ウイルスかもな。」

クリスマスになんてものをwww
もっと伸びてもよくね?w

―ということで、
色々あった2010年下半期ですが
年末のVerRockFesの盛り上がり、
12月の作品投稿数を見て、少しホッとしました。
まだまだ夢中で楽しみたいんです。

私事を少々申し上げると、
12月に上げたPVMADに思いもよらぬ反響があり、
やっぱりみんなが求めてるのは
「動画」なんだなー、と改めて実感。
当然音楽制作も続けますが、
それと合わせてPVにもチャレンジしていければなぁ、と
制作環境に投資してみたりしてます。

また去年は、色んな企画に乗ってみて
大変楽しい思いをさせてもらいましたが、
今年は自分から色々「仕掛け」に行こうかなぁ、とも。
自分が企画したことやって、みんながハッピーになって、
それで自分も愉快とか最高じゃないですか。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

goodbye_thumb at 00:22│Comments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく iDOLM@STER | 20選

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索





アクセスカウンタ