December 28, 2013

ROAD TO ULTRA TOKYOに行ってEDMに思うこと

rtut

今年のクラブ納めに、ということで行ってまいりました。

久々にアイマス関連以外でのエントリを書いてるわけなんですが、
Twitterでもぽつぽつ呟いてたことに加えて、
このROAD TO ULTRA TOKYO 2013 @新木場ageHaに行って
感じたわだかまりみたいなものや
近時のEDM界隈に対して思うところを
なんとなく書き留めてみたくなった
―ということで、深い意味はありません。

Naohiro Yakoさんのブログエントリみたいなシャープな考察に対する
憧れみたいなものも多分にあります。

今回、チャージもそこそこ高かったんですが、
やはりAbove & Beyondの来日とあり、
今後なかなかそういう機会もなかろうということと、
その他のゲストラインナップも非常に豪華だったことへの期待もあり
思い切って行くことに決めました。

当日は22時半くらいに入場したんですが、
以下簡単に自分が見たアクトについて感想を。

MITOMI TOKOTO (WATER)

この人の為だけに見に行くことはあんまりないんですが
自分が見に行くイベントによく一緒に出てることが多く、
選曲とかがちょっと日本人っぽくなくて好きです。
海外からの評価高いアーティストですね。

いつもの通りCYBER JAPAN DANCERSの
ポールダンサーのおネェちゃんがお立ち台で
艶めかしく踊ってたり(すっごい寒そうだったけど…)
フィルターがしがし弄ってたりと。

ただいかんせん屋外だったので
めっちゃ寒くてストーブの前で身体揺らす程度でした。


DAISHI DANCE (WATER)

DDがブース入ってから急にフロアにめっちゃ人が増えてきました。
やっぱ人気なんやなぁ、とは思いましたが
ここ最近、WOMBなんかのワンマンイベントのプレイを観に行っても
客層のせいで、すごく後味悪く終わってたことが多かったのが、
やはり今回も、という感じでした。

端的に言うと、もうプレイするジャンルがHouseじゃなくて
完全にEDMになってしまったのだなぁ、と。

ただ、理由はどちらかというとロケーションとか
イベントのコンセプトというより、
DD自身のプレイがもはや
そういう客層ウケ狙いになってしまったことなのだなぁ、と
今回のWATERでのプレイを観て気付きました。
DD自身の曲でないにも関わらず、
オーディエンスが合唱してるような場面の多いことが
それを物語っているような気がします。

DD自身、年間100本以上のDJアクトで身を立てている以上、
ボリュームゾーンを意識したセット作りになってしまうことについて
ある意味仕方がないのは理解できる面もありますが、
"House"をプレイするDD、DDが作る"House"が好きな自分としては
個人的に大変残念です。

なお念のため申し上げると、
DDのことが嫌いになってしまったわけではなくて、
あくまで「自分は」DDのDJのプレイが
以前のように楽しめなくなってしまったというだけであって、
作る曲は相変わらず好きであることに変わりありません。
(直近リリースした"theジブリset 2"も非常に良盤です)


☆Taku Takahashi (ARENA)

なんとなく白けてしまってからARENAに場所を移したわけですが、
こちらは本当にすごいステージでした。
今回ARENAのDJブースがライブをやる方のステージ
(ISLAND側の入り口から向かって右手)
に大きく配置され、ステージ全体がVJスクリーンとなり
映像は本当に圧巻でした。



☆Taku Takahashiのプレイも
折に触れて見る機会は多かったのですが、
この人は本当にブースの中で、
自分の挙動も含めてステージングというか
雰囲気づくりが上手いなぁ、という感じです。

やや決め打ちっぽいところもありますが、
総じて盛り上がりを意識したプレイなので
余り深く考えずに没入できるのが良さでしょうか。

ジャンルとしては結構バキバキ目のElectroで、
自身の主催するblock.fmでもよくかかってるようなノリです。
ある意味、元から自身の得意とするプレイジャンルが
このイベントに一番マッチしていた
アーティストだったのではないでしょうか。


Above & Beyond (ARENA)

本日のヘッドライナーでした。
犬のロゴでお馴染みのTrance, Progressive Houseのレーベル
Anjunabeats、Anjunadeepの主催としても知られる
UK Tranceおじさんコンビです。
(最近AnjunadeepはDeep House,
Indie Danceっぽいリリースが増えましたが…)

2時間たっぷり、VJ・ライティングも含めて
存分に楽しませてもらいましたが、
やっぱりこのイベント自体がEDMフェスを謳っていることからも、
期待していたTrance寄りの選曲よりも、Electro Houseのような
ゴリゴリした曲が多めだったのは若干残念でした。

ただもっと残念だったのは終盤、
BPMを上げてTranceの曲がかかった瞬間に
驚くほどフロアの温度が冷めてしまった
(少なくとも自分にはそう見えた)こと。
なんというかTranceは一時のavexが作り上げた
刹那的なブーム以降、すっかり肩身が狭くなってしまったのだなぁ、
と凄く哀しくなりました。

A&Bのプレイが終わった後、
なんとなく複雑な気分を抱いたままageHaを後にしました。
駅前の松屋のミニ牛めしで1時間ほど始発まで粘りつつ。


まとめというほどのことではないんですが、
有り体に言ってしまえば、
『好きなアーティストが自身の作る音楽性と
 全然違うDJのプレイしててもにょった』
―なんですが
じゃあ自分自身EDMが嫌いなのかというと、
別にそういうわけでもないんですよね。
(盛り上がったと思ったらベースドロップ入っちゃう
曲の展開はあんま好きじゃありませんが)

海外のこういうEDMフェスに
行ったことがないので比較はできませんが、
日本でEDMがウケてる層って、
音楽が好きでクラブ遊びしてる人達じゃなくて
ナンパ箱でワオワオやってる、
ある種一般的なクラブオーディエンスなんではないかと。

それでこういう客層は「傾向として」
「音楽に集中したい人にとって」マナーが悪い
(人を押しのけて輪になって乳繰り合う、
フロアのど真ん中でタバコ吸いだす、
酒を人にかけるなどなど)人間が多いので、
一緒のフロアにいると個人的にはもの凄く興ざめしてしまいます。

あとは「傾向として」EDM以外の音楽に興味が極めて薄い、とか。
(A&BのTranceだけじゃなくて、
☆Taku Takahashiがドラムンベースかけた時とかも然り)
このイベントでも同じような気分になったことがしばしば。

当たり前ですが、クラブの楽しみ方は自由だし、
嫌ならいかなきゃいいというのが正論なので、
自分としては素直に距離を置こうかなぁ、と思ってます。
ただ世のクラブミュージック(「クラブで」聴く音楽)が
EDMに収斂されていってしまうにつれ、
客層のせいで、クラブで音楽に集中して楽しめる機会が
減ってしまうというのはとても残念だなぁという気分です。
良いHouseのイベントをやってた麻布十番のWAREHOUSE21や
西麻布のelevenもなくなってしまいましたしね。

まぁそもそも日本で音楽に集中して楽しめる
クラブミュージックのフェスができるジャンルって
やっぱりテクノくらいしかあり得ないんじゃないかとも思います。
そのテクノもオーディエンスが高齢化して、
若い人もあんまり増えてないみたいなので、
先行きは余り明るくはないのかもしれませんが。

それだけクラブで音楽を中心にして楽しむという文化が
日本ではまだ限られた範囲であるということなんだなぁ、とも。
件の風営法の絡みで、クラブに対する世間一般のイメージを見ても、
一部分では已むを得ないのかもしれません。

この何とも言えないわだかまり、すごく既視感があると思ったら
アニクラに対して感じてたものになんとなく近い気がします。
自分たちの知ってる好きな曲じゃないと盛り上がらない、
ってどうなのよ的な意味において。
「ミスチル地蔵」もまた然り。

という訳で、年明けのElectroxは
アーティストが今ひとつピンと来ないということに加えて、
今回のROAD TO ULTRA TOKYOでの反省を踏まえて
パスすることに決めました。
来年の本チャンのULTRA TOKYOも
Hardwellがヘッドライナーとのことですが、
空気は推して知るべしという気がします。

日本のEDMフェスで音楽を集中して
楽しめると思って期待している人には、
そういう雰囲気には多分ならないぞ、
とは忠告差し上げたいと思います。
その心配は杞憂なのかも知れませんが…

また比較してどうこうという訳ではありませんが、
同じくageHaで11月に行われた「あきねっと」は、
先のアニクラ的な要素も多少あったとはいえ、
総じてオーディエンスが音楽に集中しているというスタンスで
もの凄く居心地が良かったのを覚えています。

もう一度端的にまとめると、
『EDMっていうか、EDMのイベントに来る日本人の客層が苦手。
 好きなアーティストがDJではEDMに流れていくのは
 理解できる一方で寂しい。』

ってことですね。

最後に手前味噌でアレですが、
自分がオーガナイズをお手伝いしてるイベントでは
ジャンルに捉われず、初めて聴いた曲であっても
フロアで音楽と映像が織りなすVibes、Grooveみたいなものを
感じでもらえたら嬉しいですね。
そうできるような努力や工夫も惜しまずしたいです。
「音」を「楽しむ」と書いて音楽ですから。

というわけで?2月に大宮444quadでお会いしましょう。
佳いお年を。


goodbye_thumb at 23:02│Comments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく event report | Music

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索





アクセスカウンタ