September 27, 2014

【イベントレポート】NoNoWire on floor4 於秋葉原MOGRA

フライヤー03

4年連続、4回目です。 
何よりも、今年もちゃんと皆様と集まれたことが
本当にホントに嬉しかったです。

例年残暑が厳しい時期の開催だったのですが、
今年は一足早く秋が訪れたのか、過ごしやすい気候でしたね。
イベントは最高にアツかったワケですが。

心配されていた台風も足踏みしてくれたおかげで
最高の舞台が整っていたのではないでしょうか。 
(TGSのアイマスステージは同日にありましたが、
 その辺はもはやあまり関係なくなりつつあったり…)
 

4回目とはいえ、やはり毎回来て下さる方々に
新鮮な驚きがお届けするという意味で、
今回orgoneさんの発案で、プロジェクターを追加で3台持込み、
前方左右の3方向に2画面ずつ6画面を映して、
フロアをまた違った景色にしてくれました!
またメインビジュアルをモチーフにした
ポスターを刷って頂き、で会場を装飾しました。

0. Opening - B2B (by うしわか&thumb)

13時の開場から30分間は
うしわかさんと自分でB2Bをしっとりとやらせてもらいました。

事前に「どんな感じにします?」という感じで軽くご相談したら、
全く同じようなイメージをお互い持ってたので、
当日も全く不安なく臨めましたね…
うしわかさん先攻で自分は3曲ほどかけましたが、
曲目は以下の通りです。じわっとくる感じの良曲です。

01 Inkfish, David West / Hello Piano - Chus, Sharp & Smooth Remix
02 Rasmus Faber / Are You Ready feat. Emily McEwan
    - Jerome Isma-Ae Remix
03 Jaytech / Atlantic (Original Mix) 



1. thumb

初めてトップバッターをやらせてもらいました。
(今回はキャッシャーをMOGRAのスタッフさんにやって頂いたので
 できるようになったというのもあるんですが)

いつも結構ゴリっとしたBig Room系を中盤から入れてたんですが、
今回は1番手ということもあり、終始爽やかな感じで、後半少し
UpliftingなTrance、という構成でしたが、いかがでしたでしょう。
以下セトリですね。

01 Morning Drive (Original Mix) / Stunson
02 Seasons (Mizar B Remix) / Blue Harvest
03 For You (Original Mix) / Roald Velden
04 It's Morning Feat. Ange (Talamanca Vocal Mix) / Sergey Alekseev
05 Iceland (Original Mix) / Dinka
06 This Moment (Limited Express remix.)
     / Nic Chagall Feat. Jonathan Mendelsohn
07 Caffe Macchiato (Original Mix) / Jayeson Andel
08 Wildling (Original Mix) / Massai One
09 This Night feat. Audrey Gallagher (Max Graham Remix) - Filo & Peri
10 Summit (Original Mix) / Audible
11 Serengeti (Original Mix) / Changer
12 Over The Shine / Puru



最近のイベントでは自分でHardcoreの音楽を作ってるせいか、
DJもアニソンのHardcore Remix中心だったので、
色んな人からProg House久しぶりですね、というお声を頂きました。
個人的にはこちらの方が引き出しも多くて得意なんですが、
まぁなかなかイベント的に披露できる機会が少ないので、
数少ない現場のチャンスでプレイできてホント大満足です。


あ、そうだ(唐突)
MixlrではたまにProgressive Houseの配信やってるから、
よかったら聞いてくれよな!↓
 thumb is on Mixlr

2. syatten

a.k.a. Akihiro Ohtaniさんです。
syattenさんも同じくProgressive House中心ながら、
よりマッシヴな感じもありつつ、お客さんのボルテージを
もう1段上げて頂きました!

セットリストもご自身で公開されております。

20140920 NoNoWire On Floor 4 セットリスト(syatten)


beatportでも買えるので、みんなも買おう!

3. GEN-ZO+yoshihisa nagao

自身のプロデュースされたCD "Tokyo Audio Waffle"が
全国のVillage Vanguardの店頭に並ぶなど、
今ノリに乗っているGEN-ZOさんは、
なんと今回テクノアーティストとしてご活躍のyoshihisa nagaoさんと
強力なタッグを組んで、NoNoWireに殴り込み!

DJのプレイにサンプリングをリアルタイムでdubしていくという
ライブ感溢れるプレイでした。


そして最後の締めはKosmos, CosmosのEdit!
本日まだアイマス関連2曲目! 


4. shisotex

新幹線と腕相撲をするおじいさん、ですね。
funkotの本場インドネシアの現地クラブでもDJとして出演するなど、
業界のカリスマと化しているしそさんですが、
今回は更に変幻自在なプレイで沸かせてくれました。

出だし、非常にスローなディスコミュージックがはじまるやいなや、
すぐさまfunky beatで4速にギアチェンジ!
「ハンガリー舞曲」や「運命」といった
クラシックの要素を交えたかと思えば、
ハードロックアンセムでライブハウス状態に。




そしてお待たせしました、アイマスFunkot Remixは―

フロアのテンションがホントやばすぎた。
どんな状態かというと…



『Hello』ではホモの振舞い酒(スパークリングワイン)が
回し飲みで瞬間蒸発でしたね…
※お酒は適量を守って楽しくね!

個人的には『君が選ぶ道』も聴きたかったです。 

5. ふぃるP

何と今回、直前まで秘密にされていましたが、
ニコマスのNoNoWire動画を使ったDVJを披露することに!
往年の名作から今年投稿の最新作まで、
NoNoWireはやっぱりこれがなくっちゃ…ね。




すごくふぃるPらしい選曲と思った。



Lammyさん2連発!



言わずと知れたアンセム
みんな拳突き上げてました。








動画は分かったところでこんなところでしょうか。
(動画をそのものを繋いでたわけでなかったので…)


6. うしわか

昨年大トリをつとめられたうしわかさんが、
満を持してトリ前で登場。今回も唯一アナログレコードを使って
テクノとハウスを中心に、すごく…セクシーな選曲でしたね。


最初のこの曲はこちらの動画↑で知ってる人多かったかな?

この空間すごかった。


うしわかさんもセトリを公開されています

7. DJ DAI (a.k.a. ニット帽P)

トップバッターとトリはなんとなく
同じ人が何回も務めることにならないようにということで、
ゆるい輪番制にしてたんですが、
最近絶好調なこのお方の番がついにやって参りました!
NoNoWireといえば、ですね…!
(※09年のNoNoWireに14作品投下してます)




最初はSwing Houseから、EDMに、
そして終盤はDrum'n'BassやDrum Stepにテンポアップ!


ダイちゃんのDnBホント好き。

多彩な内容を魅せてくれて、最後のロスタイム(本人無自覚)には…

意外にもスーパーアンセムで締め。

今回VJはアートディレクションも務めて頂いたorgoneさん、
初参戦の和田アキホさん、ごまさんの3名が
入れ替わり立ち替わり、7時間ぶっ通しでした。
本当にお疲れ様でした!
&すばらしい+楽しい映像をありがとうございます…!


総括・よた話とか

もはや何も言うことは無いですね…
開催についてはこちら側で相談をし始める前に、
MOGRAさんと4月ごろ別件でお打ち合わせさせてもらった時に
「今年もやるんですよね?
 9月20日とりあえずなんとなく空けときますから!」 
みたいに言われて、「あ、ハイ…。」みたいなw

ニコマスとタイアップのイベントとしてどうか的なことは
去年で吹っ切れてしまった感があるので、
逆に今年は出演者がそれぞれのフィールドで活躍していて
パワーアップしてまた集まる、みたいなところに期待して
開催を楽しみに凄くわくわくしてました。 

終わった後の打上げなんかで挙がった感想としては、
こんだけそれぞれやりたいことだけやって、
アイマス成分も過去最高に薄い中で
よくお客さんも付いてきてくれたよなぁ、
―というのが多かったわけなんですが、
それだけNoNoWireの趣旨というか、
スピリットみたいなものが共有された空間だったのだなぁ、と。
本当に我々は幸せ者です。

昨今、「アニクラとは」「クラブイベントとは」
みたいな話がイシューになってたりすることもあるけど、
NoNoWireはそのひとつのソリューションなんじゃないかと
自分は思ってます。 勝手に、個人的に。

毎度の如く「来年は未定」なんですが、
いつも楽しみにしている人達の為に、
とにかく自分が出来ることを一生懸命やる、だけかなと。 

最後になりましたが、
今年も会場の設営と、我々の様々なリクエストにお応え頂いた
MOGRAの山田店長、スタッフの皆さま、
本当に毎年ありがとうございます。
そしてご来場の方々、中には札幌や大阪、名古屋など遠方からも
遥々お越しいただき、本当に頭が上がりません。
(ドリンクも沢山入れてくれて感謝です…w)

どうでもいい話ですが、自分個人的には、
いくつか10月以降もリリースとかアクトなどの予定もあるので
今後ともよろしくしてやって下さい。

それではまたどこかのフロアで! 

goodbye_thumb at 17:26│Comments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく event report | iDOLM@STER

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索





アクセスカウンタ